http://www.medical-square.com/katou/
 
当院のリハビリテーション(物理療法)について
加藤整形外科クリニック

 物理療法とは;温熱、寒冷、電気、光線、力学的負荷などといった物理エネルギーを利用して痛みを和らげたり、
関節の機能を回復させたりという治療を行う方法です。

●現在、当院では以下のような物理療法を行っております。
 各々の治療法ごとにその作用、治療効果、禁忌(してはいけない場合)などについて説明いたします。

1) 干渉波 2) 低周波(SSP)
ともに電気を使った治療法で、低い周波数の電流を患部に流します。

■作 用
・血管を拡げる ⇒ 血流の改善
・体内にある鎮痛効果を持つ物質(エンドルフィン、エンケファリンなど)が
分泌される ⇒ 痛みの軽減
・自律神経の調節効果 ⇒ 自然治癒力の回復
■禁 忌
皮膚疾患、炎症疾患、ペースメーカーを装着、脳血管疾患、てんかん、結核性疾患など
の方やからだに金属が入っている方



3) ホットマグナー(ホットパック)
温熱療法の一つです。あらかじめ暖めておいたパックを直接からだにあてる伝道熱を利用した方法です。

■作 用
・局所の温度上昇 ⇒ 鎮痛効果
・血管を拡げる ⇒ 血流の改善
・コラーゲン線維の伸張 ⇒ 筋肉が緩む
・痙性の減少 ⇒ 筋肉のこわばりや拘縮の改善
・炎症賦活作用 ⇒ 組織の修復を早める

これらの効果を期待して実際には、頚部痛、腰痛や種々の関節痛、筋肉の凝りや関節のこわばり、関節拘縮、傷の修復などに使います。
■禁 忌
急性炎症、高度の知覚障害、出血傾向、悪性腫瘍   
ペースメーカーの装着、生体内金属



4) マイクロ波  
電磁波を使った温熱療法です。からだの深部で筋肉を選択的に加熱します。

※作用や禁忌はホットパックと同様ですが、特に生体内金属(骨折の治療などで体内に金属を入れている方)のある人はやってはいけませんので注意が必要です。



5) キセノン光治療器  
キセノンという光をカメラのストロボのように発光させると同時に干渉波による電気刺激も合わせて、からだの深部を温めます。

■作 用
・血管を拡げる ⇒ 血流の改善
・自律神経系の調節
・からだのホメオスタシス(恒常性)の調整
・発痛物質の代謝促進 ⇒ 痛みの軽減
・筋肉の弛緩(筋肉の緊張が緩むこと)

これらの作用により、筋肉、関節などの疼痛や神経痛
(肩こり、五十肩、腰痛、膝痛、腱鞘炎など)に使用します。
■禁 忌
基本的に干渉波と同様です。



6) 牽引治療器  
牽引(引っ張ること)という力学的負荷を加えて痛みを改善する物理療法の一つです。

■作 用
・関節の隙間を拡げて緩める
・背骨の周囲の筋肉(傍脊柱筋)を伸ばし、筋肉の緊張をとる
・靭帯を緩める ⇒ 椎間板内圧の減少

したがって、椎間板ヘルニアや変形性脊椎症などによる頚肩部痛や腰痛などに使います。
■禁 忌
骨粗鬆症 、関節リウマチ、急性炎症、高血圧、感染症などです。



7) ウォーターベット  
ジェットバスのように水圧を使って全身をもみほぐしリラックスさせる方法です。これも力学的負荷を加えて筋肉を緩める物理療法の一つです。

■作 用
・血流改善作用
・マッサージ効果
・全身のリラックス効果
■禁 忌
骨粗鬆症や筋力低下の著しいひとなどは控えたほうが良いでしょう。


当院の理学療法について簡単に説明しましたが、不明な点やご質問などがありましたら、
診察時に院長にお尋ねください。
加藤整形外科クリニック

 Copyright(C)2005 Katou Orthopedics Clinic All Rights Reserved.